柴 the 日本犬

  • Posted on 7月 21, 2017 at 7:24 PM

常に一定の人気がある日本犬種「柴」
日本犬の中では登録数も一番多くメジャーである柴ですが、元は狩猟犬。

20170721-192152.jpg
子犬の頃は陽気で活発で悪戯破壊大魔王!
でもある程度大人になると落ち着いてしまう子が多い気がします。
とはいえ柴に限らず日本犬は狩猟本能を残し持っている子も多く、猫や鳥など小動物を見て家を飛び出して行ってしまうということも…。

とても賢く、頑固でもあるので、自分の特になることはすぐに覚えますし、自分に不利なことはとことん拒絶します。
嫌なことをされると唸る、咬む、は日本犬あるあるです。
自然と落ち着く面では楽な部分もありますが、主従関係をしっかりと築く難易度は高めの犬種でもあります。

20170721-192218.jpg

昨年から柴のトレーニングが続いているのですが、やはり柴のトレーニングは早い方が良いです(^^)
一度定着してしまった生活習慣を修正していくのは、頑固な柴さんですとかなり根気が要りますしかなりのストレスを与えてしまうことになります。
理想は問題が出始める前にトレーニングを始めることですが、問題が無いうちはなかなかトレーニングの相談…とは考えもしないかもしれませんね;
ですが、早い子は子犬のうちから足拭きや首輪の付け外しで大騒ぎするなどの兆候が出てきます。
そのような様子が見られたら早めにお近くのトレーナーさんにご相談下さいね。
よく犬の身体を倒して覆い被さるようにして、おとなしくなるまで待つ…というトレーニング方法が本などで書かれていますが、日本犬気質の子にはまず90%逆効果になりますのでご注意下さい。
犬のトレーニングは実際に見て触れて、その子に合った方法を見出してトレーニングしていくのが一番です。

20170721-191303.jpg
↑写真の柴ちゃん達はみんな生後4〜6ヶ月からのトレーニングを開始しております(^^)
飼い主さんも奮闘しつつ、楽しく柴生活習慣を送っております♪

20170721-191529.jpg
↑彼も生後10カ月からのスタート
とっても頑張ってくれています(*^^*)

トレーニングをしていて思うことは…
本当に「柴は賢い!!!」ということ。
飼い主さんが柴の賢さに負けてしまうと、もうそこから主従関係が崩れてきてしまうので、柴の賢さの上を行けるよう、飼い主さん達も頑張っています!!!
しっかりと主従関係を築くことができると、柴犬は勿論、日本犬は飼い主さんに非常に従順で飼いやすい子に育ちます(^^)

コメントを残す